スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

久しぶりすぎてもう・・・w

ずっと更新していない間にコメントを頂いたりしていたのに、
承認もせずずっと放置してしまったり・・本当に申し訳ありませんでした

TwitterとBlogの使い分けがうまくできてなかったと、かなり、反省・・
Twitterだと、手軽に書ける半面、すぐに流れていってしまうから、
ちゃんと残したいことを書くにはBlogだな、と最近になってやっと結論に達しました(遅
日常のことばっかりになってしまうし・・(本当に私のつぶやきWorthless・・w


とは言え、ここ最近の世に出ているマイケルの話題は何となく書く気になれず・・
お察しのとおり、New album 「MICHAEL」についての賛否の話題とか。
いろんな情報が行きかいすぎて、私自身の考えがうまく纏まっていないというのは正直あって。
右から「マイケルだ」左から「いやマイケルじゃない」・・・・・混乱状態w 


でもこんな時は自分の耳を信じようと思う・・。
もちろん、周りの意見にも耳を傾けつつ、結果たとえ自分の思ったのとは違ったとしても、
頑なにならず、意地を張らず、事実をそのまま受け入れよう。




と思います





そして、早いもので気がつけばXmasの季節・・早ッ!!
去年の今頃にも貼ったこの動画を今年も貼りますよ~

私これ見るたびマイケルのまっすぐな目と訴える言葉に涙が出てしまうんだ・・。
そしてこの動画見て驚くのが、子供達へのメッセージと
大人に向けたメッセージを話す口調とかトーンをちゃんを使い分けていること。

訴えたいという強い思いが表れている。
これを見るたび、マイケルやはりすごくシビアな人だなと思うと同時に
頭がよく、物事をよくわかっている人だ。って思うのです。


久々に見る方もそうでない方も、もう一度この動画見て、ここ最近のごちゃごちゃしたもの、
脳内洗浄しましょ。(自分にも言い聞かせてw

そしてクリスマスの季節も厳しい状況下にいる子供達にできることをまた考えてみます。



下の広告を消してご覧下さい。字幕があります。「Ad」のxをクリック。
コメントを消すと字幕が消えてしまうのでコメあり推奨




そして昨年この動画を紹介した時の記事は→こちら
(マイケルのメッセージの訳あります)


こちらも貼っておきます 7000人まであと2483人(クリックでサイトにとびます)
→ワールドビジョン「クリスマスまでに7000人の子供を救いたい」
(この動画がきっかけで私も始めたチャイルドスポンサーの案内です)


michael-jackson-okmg.jpg



それでは、おやすみなさい・・

スポンサーサイト
.08 2010 His words comment2 trackback0

This is it 公開から1年・・マイケル動画つくってみました

This is it 公開からもうすぐ1年。

This is itはマイケルの作品とは認めないという人もいるけど、
私にとっては特別なものであるのは間違いない。

きっと、これから先も毎年この時期に近づくと、マイケルに出会わせてくれた
神様のように大きな不思議な力に思いを巡らせずにはいられなくなるんだと思う。

あの時の行動力。

普段はめったに見せない行動力。


なんだったんだろう。
「知識欲」みたいな人間の本能だったのかな。
マイケルは亡くなった後の報道でなんとなく知っているけど、ちゃんと知らない人。だったから。
今考えると、当時はなんとなくもなにも、私はマイケルの素顔の100万分の1も知らなかったんだけど。

あの日、確か公開翌日だったんだけど、映画館はガラガラで、多分15人くらいだった。
にもかかわらず指定席だったから、隣におじさんが座って、「ウェー(´д`lll)」ってなったんだ(笑)

そして、どこのシーンだったかな。マイケルのお茶目なシーンだったと思うんだけど、
おじさんが映画を見てクスって笑っていたことまでなぜか覚えてる。
私は笑う余裕も泣く暇もなくて、とにかく、見終わった後ものすごい目が乾いていた(笑)

という、本当の意味で初めてマイケルに出会った日の思い出。



それから1年、、私の生活にはマイケルが欠かせないものになって、感謝の気持ちとLOVEをこめて
何か形に残るものを作りたいなって思い、動画を作成しました





この動画で皆さんの心に、ほっこり、暖かいものが生まれてくれたら嬉しいです



                                   LOVE you all....2birds.
.23 2010 Sweet Songs comment3 trackback0

AI x Judith 「For my sister」

M-ON TV で4月から放送されていた" AI miss MICHAEL JACKSON "

AIがマイケルとゆかりのある地を訪れ、マイケルに関わった人たちに会いに行く番組・・
この企画から生まれた曲が、THIS IS IT バックコーラスJudith Hill との「For my sister」

AIがJudith にインタビューした際に、お互いに同じ歌い手として意気投合した二人が
マイケルの「Human nature」をセッションしたのがきっかけでした。




↑これ画質が悪いよね・・^^;画質がいいのはコチラ↓から・・
http://www.youtube.com/watch?v=a3uj9UwLE-g


作詞はジュディスとAIの共作。
女性を励ますような曲を作りたいと思って作ったそうです。
その背景にはもっと大きなテーマ、「Love each other」



ところでAIちゃん、インタビューでベリーGJな質問をしてくれてました。笑
(THIS IS ITのI just can't stop~でマイケルとジュディスが大接近したシーンを指して)

「変な質問だけどマイケルってどんな匂いがするの?」

ア・イ・ちゃ・ん!!GJ!よくぞ聞いてくださったって感じじゃないですか?
なんか、普通に私達ガールと同じ目線なんだよね・・
話を聞いてAIちゃんまでキャーって赤面しちゃってるの(/▽\*)
きっとAIちゃんの脳内では様々な妄想が繰り広げられたに違いない(笑)

ジュディス、
「彼はとても強い香りがしたわ・・すごく甘い香りがした。
 言葉では表せないわ・・とにかく甘い香りがしてたわ・・」だって!!


(´▽`*)ブラックオーキッドかな・・・先生、おいらも嗅ぎたいれす・・
マイケルって汗くっさーとかそういうのとは無関係・・って感じ・・。
ライブの時なんてあんなに汗だくで踊ってるのに、
いい香りが(脳内に)漂ってくるのはWhy?(*´`*)
↓絶対グッドスメルですよね・・・これだけでご飯3杯は・・以下略。

TIIIJUST-ff8a6.jpg



AIちゃん、本当に素晴らしい経験だったと思います。
番組最後のAIちゃんのコメントがとても泣けました。そしてAIちゃんの涙・・。


マイケルは誰よりも先を行っていたと思いますね。
エコとかさ、チャリティとかさ、昔からあったけどさ、マイケルほどじゃないというか、うん、
マイケルは歌詞のなかにも取り込んでいたし、歌詞だけじゃなくて、実際に行動していたし。
なんか、マイケルはわかっていたのかな?って。

私がマイケルが好きなのは・・私すごく、ああいう風になりたい。。
人に良い影響を与える人っていうか・・・自分もなんていうか、マイケルに救われたというか、、
難しいね・・難しくない、わかってるんだけど・・・やばい・・(泣)

自分もいつかそういう人になりたいと思いますね・・
  by AI



aimiss2.jpg


.26 2010 Others comment4 trackback0

MJ月間さかのぼり日記 7月15日

ふふふ~ん(^m^*)ブログのデザイン変えてみました
TOPの画像選び&編集が楽しすぎて、さっきから画像を加えては眺め、加えては眺め、を
繰り返しニヤニヤしております^^(怪しい)

さてさて、今回から数回に分けて、6月後半~7月までの日記を遡ってつづっていきます。
今、手帳を開けてみたら、毎週何かしらMJ関連行事で動いていた・・・・嬉しい・・笑




7月15日 TITO JACKSON 来日 BrueNote LIVE


TITOが日本でライブをやる?!
しかもあのBlue noteで?・・しかも Tribute to Michael Jackson・・・だと?!
あの世界一かっこいいグループ、JACKSON5のギタリストであり、Jackson家の次男、
マイケルのお兄さん、そして面白ツイートの人・・w

私にとってTITOは妙に親近感が湧く人(たぶん面白ツイートのせい)・・、
そんな彼のLIVE(生TITO TIME)に行かない訳はナイ!
行ける環境なのに、見逃してしまったら後悔する・・・・!
(マイケルで痛いほど学習したので・・(T ^T))



っということで行ってきました(´▽`)


GetAttachmenttito.jpg




こちらはBlue noteの入り口に飾られていたTITOのサイン入り写真。
TITOも、マイケルみたいに、シルエットでわかりますねw
(郷太さんの開口一番の「ティトは太っている」という言葉を思い出す・・笑)


SET LIST

1.JAMMER STREET
2.I GOTTA PLAY
3.T-BONE
4.HOOCHIE COOCHIE MAN
5.CALDONIA
6.DAWWG
7.SCRATCH THAT I TELL


前半はTITOのソロ・ブルースコーナー。
ギターのテクニックはもちろんのこと、歌もすごく素敵。
声が渋い!年季の入ったハーレーみたいな堂々とした重厚感のような・・

私、ブルースとかジャズも好きなので、普通にブルースコーナーだけの公演でも
TITOのなら、きっとすごく満足しちゃうと思う。

・・っていうくらい、JACKSON5、JACKSONSの「ギタリスト」として今まで名を馳せてきた
TITO JACKSON という一人のアーティストとしてのポテンシャルの高さに圧倒されてしまいました。


そして、後半は、お待ちかねの Tribute to MICHAEL コーナー。
TITO兄ちゃん、アフロのヅラかぶって、1970年代にタイムスリップ~^^


後半のSET LIST

8.JACKSON 5 MEDLEY
“I WANT YOU BACK”
~“ABC”
~“STOP THE LOVE YOU SAVE”
~“I'LL BE THERE”
9.JACKSONS MEDLEY
“HEARTBREAK HOTEL”
~“SHAKE YOUR BODY (DOWN TO THE GROUND)”
~“DANCING MACHINE”
10.ROCKIN' ROBIN (アンコール)



もう、もんのすごい盛り上がりだった!(>u<*)!
あ、もちろん前半も盛り上がってたけど(笑)

最初、マイケルの部分はTITOが歌うのかな~などと思ってたんだけど、
女性のセクシーなバックコーラスの方たちがチビマイコーpartを歌ってました。

ハイトーンボイスのチビマイコーの部分を歌うのに、さすがの彼女達も
血管を浮き立たせて歌っていました(実際に血管は確認していませんがたぶん・・笑)
ものすごいパワフルで本場アメリカのレヴェルの高い歌唱力に、チビマイコーを彷彿とさせる。
本当に、声もちょっと似てたんですよ~^^

と、思ったらやっぱり?女性コーラスの中に、ジャクソン家の血を引く女性が一人いたんですね。
ニコール・ジャクソンさんって方です(ものすごいセクシー


TITOは、やっぱり、JACKSON5メドレーの時も、JACKSONSメドレーの時も、
ギターとバックっていう、裏方に徹していて、それが逆に感動でした!!
だって、CDで聞いている通りのティトのバックコーラスが聴こえてくるんだもん!
たぶん、このライブで私が一番感動したのは、そこだと思う。。

バックコーラスに一番感動ってなかなかないよね?笑
THIS IS ITでマイケルが言っていた「観客はオリジナル通りに聴きたいんだよ
っていうのは本当に本当だなぁ・・。


でもアンコールで歌ったRockin' Robin はTITOが渋~~く、かっこよく歌ってくれました☆



お友達が取ってくれたBlue note一番の席(センターのふかふかソファの6人席)で
ワインを頂きながらTITOのライブを堪能・・(´▽`)
夢のようなひとときでした。大人になってよかった・・・。


そして、夢のようなひとときはLIVEが終わった後にも続いていたのです・・・・・。


なんと、なんと、なんと!!!


会場をでるTITOと遭遇し、握手をしてもらってしまいましたーーー!(><)
頭真っ白!びっくり!モノホンだ!


ティトの手はごっつくてちょっと硬い感じ・・ギタリストの人ってそうなのかな
でも温かかった~(*^-^*)
本当に本当にラッキーでした。TITOが出てくるよ!って教えてくれた友達のお姉さんに感謝!


本当に、Priceless なひと時をありがとうティト・・・
情報によると、来年も日本に来てくれるとの事!また会いにいきたいな^^



(余談)
ティトに握手してもらい、舞い上がった私(&お友達)は翌々日に、「今度は出待ちして
サインゲットするべ!」と青山で飲みながら作戦を練って意気揚々と出向いたのだけど、
何故かセキュリティーが厳重になってしまい、残念ながらサインゲットまではできなかった・・orz

.25 2010 Michael Jackson comment2 trackback0

こんな事を書くのに時間を使いたくないのですが・・


こんにちは(´▽`)ノ

またまた、更新頻度が落ちてきているので、
次までに書いておきたいことを取り急ぎ今日は書きたいと思います。(申し訳ないです((´□`))



"書きたいこと"というのは、本来"書きたくないこと"だったのですが・・そう。

マイケルの命日に(この単語使いたくない;_;)世界に先駆けて日本で公開されるという

「マイケル・ジャクソン KING OF POPの素顔」という映画のこと。



4月に公開が決定されてから今日まで、物議をかもし続けているあの映画です。


【監督のマーク・シャフェルってどんな人?】

・アメリカ同時多発テロのチャリティーソング「What More Can I Give」が発表されたが、
 自身(シャフェル氏)のスキャンダル(幼児ポルノ映画の撮影・・うげえぇぇ)で
 発売をお蔵入りにした張本人。

・マイケルとソニーが対立した際、版権カタログを奪うべく画策し2003年に解雇、
 その後の幼児虐待疑惑の裁判では弁護士メゼロウ氏に「マイケルの名声を失墜させようとした側近たち」
 のひとりに挙げられ、検察側証人として出廷したデビーロウにさえ「強欲な連中」と吐き捨てられた人。

・さらに裁判後、マイケル側からマイケルの資産隠匿及び横領で提訴された人。


・・・・おいおい(笑)


こんな人物を「彼(MJ)自らもっとも信頼するマネージャー(映画の紹介文より)」と言えるだろうか。
私の中では結論はハッキリ、「NO」だ。


西寺郷太さんも、twitterで「ギャお、あのマーク・シャフェルか・・・。これは色んな意味で駄目だ。」
とつぶやいてました・・。たしかに、ギャお・・だよね(^^;)


ちなみに、米国ではまだ公開未定。
なぜか日本だけ全世界に先駆けて公開。

日本人は金を落とすから。金のなる木。格好のターゲット。




推測するに容易いけど、きっとこの映画ではマイケルに関するネガティブな表現は一切使って
いないと思う。

持ち上げて、持ち上げて、きっと、一見するとマイケルファンにとっては聴こえ心地が
いい言葉が並べられていると思う。


けどそこが落とし穴。


おそらく彼らのターゲット層はTHIS IS IT を見た後にファンになった人を筆頭としたマイケルファン。

マイケルに対する見聞欲が盛んな人々を狙って、マイケルに関する賞賛を並べれば
映画館へ足を運ぶ・・そんな算段を立てているんじゃないだろうか。
極めて浅はかだし、バカにされてる。


マイケルは「Money」の中で「満面の笑みで近づいてくる相手に気をつけろ」と私たちに警告している。
私にはこの映画がまさにそれであるという気がしてなりません。



それでも、

「製作者がどんな人かよく分からなくても、マイケルが見れるならいい!!」

とか

「胡散臭さがむんむんするけど、マイケルが見れるならいい!」

と複雑な心境を頂きつつ、見る人もいると思う。気持ちはわかる、大好きなんだもん。


でも。


スクリーンのマイケルが素敵で最高なのは間違いないけど、マイケルへの愛情を感じられない人物が
監督を務めた作品を通してマイケルを見て、自分が満足いくか・・?



それから、なによりもこの人物によるこのフィルムの公開をマイケルが望んだか?


一度、自問してみることをオススメします。


それでも見る!という人がいたら、感想をぜひ教えてください。

オルテガ監督のTHIS IS IT と同じ位、マイケルへの愛と尊敬の念を感じられましたか?・・と。






Money
written by Michael Jackson

Money.
Money...

Lie for it
Spy for it
Kill for it
Die for it

お金、
マネー、、、。

そのために嘘をつき
人を探り
命を奪い、
命を落とす。

それを信頼と言うのかい?
でも僕に言わせれば
強欲にまみれた
悪魔のゲーム。
なりふり構わず
金を求めて僕に迫る。
他はどうでもいいのさ。
金のために僕を利用する。

それで教会に行き、
聖書を読むのかい、
生活の一部として。
全くバカげている。
気にしちゃいないくせに。
金のために人殺しだってする。
金の魔力に囚われ
どんなことでもするんだ。


旗に敬礼し、
国のお墨付きを貰う。
そしてバッジを身につけ
今やごく少数の選ばれし者と呼ばれる。
そして戦争を起こしている。
兵士は従わなければならない。
決して君たちを裏切ったり、騙したりしないと言う。
しかし実際は、、、


現金を目の前にすれば、
懐に入れるさ。
泣けと言うなら、
泣いたフリをする。
手を出されれば、
その手を握るさ。

金のためなら、何でもするんだ。

何でも、
何でもだ。
金のためなら何でも、
嘘だってつくし、
命だって捨てる
悪魔にだって魂を売り渡そう。
何でも、
何でもだ。
金のためなら、何でもする。
嘘だってつくし、
命だって捨てる
悪魔にだって魂を売り渡そう。


そうならない保証?
どこに忠誠心があるって?
それが大丈夫という証拠?
まさか、ね。
気にしちゃいないはずだ。
金のためなら彼女に何だってするくせに。
それが当然だとも言うように、
金目当てに彼女を訴えもするだろう。


金の成る木が欲しいんだろ。
金儲けの才能がいるのかい。
間違いなく魂だって売るだろうね。
君にとっての神はそんなものだから。
気にしちゃいないんだ。
金のために人殺しだってする。
金の魔力に囚われ
どんなことでもするんだ。


君も同じ病にかかっているのかい?
とめどない欲望の病に。
なら、気をつけろ。
満面の笑顔で笑い、
無駄に喋る連中に。
彼らに後ろを見せたら、刺されるから。


嘘だとわかっていても、
本当だと誓うだろう。
罪の意識を感じても
それを隠すだろう。
リスクがあるとわかっていても
敢えてそれを冒すだろう。

金のためなら、何でもするんだ。


何でも、
何でもだ。
金のためなら何でも、
嘘だってつくし、
命だって捨てる
悪魔にだって魂を売り渡そう。


世界中の金を積まれたって、
そんなことはしないって言うね。
そうは思わないな。
もし誰かを見たら
その誰かを売るだろう。
嘘をつけと言われれば
嘘をつくだろう。
もし神を相手にしても、
神さえ地獄に送るだろう。

金のためなら何でもするんだ。


何でも、
何でもだ。
金のためなら何でも、
嘘だってつくし、
命だって捨てる
悪魔にだって魂を売り渡そう。

(訳:大西恒樹)


.09 2010 Others comment6 trackback0
 HOME 

Thanks for comin' !

xx Profile xx

2Birds

Author:2Birds
管理人はロンおじではありません

※当サイトはリンクフリーです

xxThanks 4 your support!xx

応援ありがとうございます。
更新の励みになってます(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

xx Categories xx

xx MJ fans Must have! xx







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

xx For mobile xx

QRコード

xx Favorite blogs xx

Nowloading…相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。