スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マイケル・ジャクソンとC・チャップリン

毎度こんばんは☆
ほろ酔い気分の管理人ですw 
今日は会社の同僚と上司と月1恒例の飲み会『日本酒の会』でした。
4人で軽く1升はいったよねっていう。
それでもブログはうpしますよ。どんだけ元気なの自分。

さて、今日は前からupしようと思っていたテーマ。
マイケルとC・チャップリンのこと。
前から真剣に考えてたテーマ。ほろ酔いでも大真面目ですよこっちはw

* * * * * * * * * *

マイケル・ジャクソンがチャーリー・チャップリンを大好きだったというエピソードは
あまりにも有名な話ですよね。
マイケルはチャップリンが作曲した「Smile」という曲が一番好きだったそうです。

マイケルとチャップリンの人生は共通項が多いと言われています。
チャップリンはに幼い頃(5歳)から舞台に立ち、パントマイム劇などを演じて
一家の家計を支えていました。その後劇団に所属し、演技に磨きをかけていきます。
そしてその才能が認められ、ハリウッドで数々の短編映画などに出演。
彼は完璧主義で知られ、その後俳優だけでなく、プロデューサー、脚本家、ディレクター、
そして自らの映画のために作曲をもつとめました。

ここまでの共通項は単なる偶然。
というか幼い頃からその業界で活躍していて
このような方向に向かうことは自然な流れかと思います。

しかし、マイケルとチャップリンのある共通項が彼らの運命を同じ方向に
必然的に向かわせるのです。

その共通項とは、
自然の摂理に逆らう社会の矛盾を自身の作品を通して訴えていた。ということ。
そして、彼らの作品はともに大衆への影響力をもっていた。ということ。


チャップリンとマイケルの時代背景は違うため、
あえて「自然の摂理に逆らう社会の矛盾」と表現させていただきました。

チャップリンはファシズムへの批判や資本主義社会に対する不平等(今でいう格差社会ですね)
への“怒り”を表現しました。

マイケルは、罪のない子供達の命が奪われる戦争の無意味さ、そして貧困、地球規模の自然破壊、
秩序なく氾濫したメディアに対して怒りをぶつけました。


その結果、二人はひどいバッシングを受けました。
チャップリンは遂にはアメリカ合衆国追放を言い渡されました。
マイケルは・・・、ご存知の通りです。

これから先、マイケルやチャップリンのような影響力の大きい平和主義者が現れたとき、
その人はどのような運命をたどるのでしょうか。
私には、マイケルやチャップリンと同じ運命をたどるような気がしてなりません。


そんな社会っておかしくない????


普通におかしいと思ってたとしても、人間の集団心理って本当怖い。
私は今回のマイケルのことがあってから、そればかり考えている。
私はこれからは何を信じていけばいいの??と。

マイケルが歌を通して訴えた悲痛な叫びはこの先また集団により色褪せていってしまう??

Just because you read it in a magazine  たとえ雑誌で読んだからといって
Or see it on the TV screen      たとえTVでそれを見たからといって
Don't make it factual        既成事実にしないでくれ

(Tabloid Junkie より)


今、私たちが「今すぐに」すべきことは、メディアの秩序を正すこと。
そして正すという行為は、事実を知り、自分の良心に従い行動することだと思うのです。
上のLylic は身体を張って私たちに託したマイケルの遺言だと思います。


彼の叫びにも似た歌を聴くと、私はいつも考えさせられる。
どんな歌だろうが、何かを考えさせられる。単なるBGMではないんですよね。
本当に、本を読んでいるみたい。
考えさせられるという事は、一旦その場に立ち止まることができるということ。
何を信じていいのかわからなくなってしまった私の唯一の救いです。



チャップリンが残した数々の名言の中で、マイケルにシンクロするものが多数ありました。
その中からいくつか紹介したいと思います。


最も強い者が生き残るのではない。最も賢い者が残るのでもない。
唯一生き残るのは変化できる者である。

マイケルそのものですよね。過去の自分に満足せず変化しつづけたから成功した。


決してあきらめるな!決して、決して、決して、決して!
様々な困難が降りかかった不運な時期、この精神で立ち向かったんだと。
本当に強い人です。


世の中で、最もよい組み合わせは力と慈悲、最も悪い組み合わせは弱さと争いである。
マイケルの思想を象徴しています。チャップリンとのシンクロ率高・・・。


子供は世界中で一番手ごわいお客さんで、なかなか笑ってくれない。
これは言うまでもなく、子供たちの表情を見ればわかりますよね。


真実は論争の的になる。悪意が攻撃し、無知があざけるかもしれない。
だが結局、真実は動じることがない。

マイケルの人生そのもの。私達に宛てられた言葉でもあると思う。


マイケルの愛したチャップリン。いい事言うわ~~。
マイケルの支えになってくれて、ありがとう、チャップリン!


f0129431_17181236_convert_20091125022036.jpg


Light up your face with gladness    喜びで顔を明るく照らそう
Hide every trace of sadness      そしたら悲しみのかけらもどこかへ行ってしまうよ 
Although a tear may be ever so near     たとえ泣きそうになったとしても
That's the time you must keep on trying   笑顔でいるように頑張るときなんだ
Smile, what's the use of crying        微笑もう、涙はなんの役にも立たない
You'll find that the life is still worth while....   そしたら人生も捨てたもんじゃないってわかるさ
(Smile よりlylic 抜粋、意訳)



チャップリンに関する記載は一部wikipediaより抜粋・要約させて頂きました
より詳しい内容はコチラ→wikipedia-C・チャップリン-

スポンサーサイト
.25 2009 Others comment0 trackback0
 HOME 

Thanks for comin' !

xx Profile xx

2Birds

Author:2Birds
管理人はロンおじではありません

※当サイトはリンクフリーです

xxThanks 4 your support!xx

応援ありがとうございます。
更新の励みになってます(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

xx Categories xx

xx MJ fans Must have! xx







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

xx For mobile xx

QRコード

xx Favorite blogs xx

Nowloading…相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。