FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

We had him ~Maya Angelou~

Beloveds, now we know that we know nothing
now that our bright and shining star can slip away from our fingertips
like a puff of summer wind
Without notice, our dear love can escape our doting embrace


愛する人たちよ  私たちは今、自分の無知さを感じている
ひとつのきらきらと輝く星が、夏の日の風のように、
指先から、すっ、とすり抜けていくことがあることも知らない
予告もなしに、愛する人が抱きしめるその腕からすり抜けて行ってしまうこともあるのだ


Sing our songs among the stars and walk our dances across the face of the moon

星たちの間をぬって私たちの歌を歌え 
月面を越えて私たちのダンスを踊れ


In the instant that Michael is gone, we know nothing
No clocks can tell time and no oceans can rush our tides
With the abrupt absence of our treasure


マイケルが逝ってしまって、私たちはなにも理解できずにいる
時を知らせる時計も機能しない 
どんな大洋も私達の中の潮を唸らせることはできない
この突然の宝物の喪失で


Though we are many, each of us is achingly alone
Piercingly alone
Only when we confess our confusion can we remember that he was a gift to us
and we did have him


私たちはこんなにたくさんいるのに、ひどく孤独だ
突き刺すような孤独の中にいる
自分の戸惑いをさらけ出す時にだけ、彼が自分にとっての贈り物だったということを思い出す
彼はいつも側にいたのだと


He came to us from the Creator, trailing creativity in abundance
Despite the anguish, his life was sheathed in mother love family love and survived
and did more than that


彼は創造主によって私達の元へ来た たくさんの才能を持って
苦悩のさなかでも、彼の人生は、母の愛、家族の愛の中で層のように重なり合い、
もがきながらも彼は生き、それ以上のことをした


He thrived with passion and compassion, humor and style
We had him
Whether we know who he was or did not know, he was ours and we were his
We had him


彼は情熱と慈悲、ユーモアと彼自身のスタイルで成功した
私たちは彼とともにいた
彼がどんな人間かを知っていようがいまいが、彼は私たちの一部、そして私たちは彼の一部
彼はいつもすぐ側にいた


Beautiful, delighting our eyes
He raked his hat slant over his brow and took a pose on his toes for all of us and we
laughed and stomped our feet for him


美しく輝く私たちの瞳
彼が帽子を眉の上に斜めに被り、つま先でポーズをとると
私達は笑い、彼に夢中になった


We were enchanted with his passion because he held nothing
He gave us all he had been given


私たちは皆、彼の情熱に魅了された。なぜなら彼は真っ直ぐだったから
彼は彼のもち得るもの全てを私たちに分け与えた



Today in Tokyo, beneath the Eiffel Tower, in Ghana's Black Star Square, in
Johannesburg, in Pittsburgh, in Birmingham, Alabama, and England,
we are missing Michael Jackson



今日も、東京で、エッフェル塔の下で、ガーナのBSSで、ヨハネスブルクで、
ピッツバークで、バーミンガムで、アラバマで、イギリスで・・・

皆、あなたを想っています、マイケル・ジャクソン


But we do know we had him
And we are the world


でも、今私たちは彼がずっと側にいたことを知っている
私たちひとりひとりが世界の一部



~Maya Angelou~ 2009.July



Maya Angelou マヤ・アンジェロウ(1928- )
作家,詩人,劇作家,俳優, 歌手,演出家,舞踏家.
60年代のアメリカにおける黒人解放運動においては, 彼女は南部キリスト教指導者会議の幹部であった

⇒もっと詳しく


難しい・・・・。詩(ポエム)の訳は難しい・・・orz
ボキャ貧なのでところどころ変な日本語があると思います・・ごめんなさい。


マヤ・アンジェロウさんはアメリカではとても有名な詩人だそうです。
私も、名前だけは聞いたことがありました。
キャサリンママよりもお年を召してらっしゃる、御歳、81歳(!)
キャサリンさんとも親交があるようです。


うまく言葉に出来ない感情が胸に迫ったので、言葉たちに導かれるままに載せてみました。


"We had him" 直訳すると「私たちは彼を所有していた」(変)

⇒「私たちは彼を持っていた」(これも変)⇒「いつも側にいた」とかなりの意訳になりました。

彼女のメッセージを受け取っている、うん、わかる・・んだけどうまく人に伝えられないもどかしさが終始。




マイケルの歌を聴きながら作業してたら・・なんだか涙が・・。
今日のリピート曲は「For all time」・・なんでそんなに優しい声で歌うの・・・(;_;)


この声を聴かないと一日が始まらないし、終わらない。


そっか、I have him なんだね。


これからもずっといてくださいね。


お願いします^^


Michael20J.jpg



最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
応援いただけるとうれしいです。下記バナークリックでランキング反映されます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.18 2010 Quote of the day comment4 trackback0

comment

2birdsさん、
素晴らしい詩の up ありがとうございます。

訳詩は 難しいものですね。
日本で活躍している外国の方が
日本人の私達よりも 古典に詳しかったりすると
それだけで尊敬しちゃいますし~。

でも 2birdsさん、
この マヤ・アンジェロウさんの
熱い思いが ちゃんと伝わる訳詩ですよ。
Tokyo なんて・・・嬉しくなっちゃいますねーーー。

私の周りにも
高齢の?
マイケルファン 急増中!ですよ。
81才の詩人には及びませんが

友人が年末に帰省したら・・・
79才のお母さんが
「マイケル! あの人はイイ!」

私の友人・67才も
「マイケル、すごーーーーい、
もっと早く なじんでいれば良かったぁ」

友人の御主人・67才も
「マイケルのDVD 予約しろ!」

お若いマイケル・ファンも嬉しいでけれど、、
でも、 何故か
人生の・・・達人たちにも
感銘を与えるMJなんですよ!
嬉しいですね。


2010.02.18 10:48 | URL | 冬林檎 #- [edit]
> 2birdsさん、
> 素晴らしい詩の up ありがとうございます。
>
> 訳詩は 難しいものですね。
> 日本で活躍している外国の方が
> 日本人の私達よりも 古典に詳しかったりすると
> それだけで尊敬しちゃいますし~。
>
> でも 2birdsさん、
> この マヤ・アンジェロウさんの
> 熱い思いが ちゃんと伝わる訳詩ですよ。
> Tokyo なんて・・・嬉しくなっちゃいますねーーー。

ありがとうございます。そう言って頂けて嬉しいです!
もっとふさわしい表現が思いついたらこっそり修正加えていきます^^;
手前味噌ですが、"マイケルは私たちの一部、私たちはマイケルの一部”っていう
部分がすごく好き。本当そうだなぁって。


> 私の周りにも
> 高齢の?
> マイケルファン 急増中!ですよ。
> 81才の詩人には及びませんが
>
> 友人が年末に帰省したら・・・
> 79才のお母さんが
> 「マイケル! あの人はイイ!」
>
> 私の友人・67才も
> 「マイケル、すごーーーーい、
> もっと早く なじんでいれば良かったぁ」
>
> 友人の御主人・67才も
> 「マイケルのDVD 予約しろ!」
>
> お若いマイケル・ファンも嬉しいでけれど、、
> でも、 何故か
> 人生の・・・達人たちにも
> 感銘を与えるMJなんですよ!
> 嬉しいですね。

すごーーい!!TII公開時も映画館はやっぱりご年配の方も結構いましたもんね。
初めの頃はめずらしいなぁ~と思っていたけど、今となっては納得!
心に響くものは年齢なんていう次元を飛び越えちゃうんですね、本当に。
MJファンのご友人が沢山いてうらやましいな~~^^ 

2010.02.18 13:48 | URL | 2birds #- [edit]
かんばんは~^^

無知で申し訳ない・・このマヤさんって方はキャサママと親交があったからこの詩を?それとも純粋にマイケルのファンで??

素晴らしい訳をありがとうございます。

私たちは皆、彼の情熱に魅了された。なぜなら彼は真っ直ぐだったから
彼は彼のもち得るもの全てを私たちに分け与えた

・・・うんうん、ほんとそうですよね;;


今朝クリック完了してましたので明日来るさガーーール!
2010.02.18 23:52 | URL | ちびける #- [edit]
> かんばんは~^^

カンバンハっ!!!

>
> 無知で申し訳ない・・このマヤさんって方はキャサママと親交があったからこの詩を?それとも純粋にマイケルのファンで??
>
> 素晴らしい訳をありがとうございます。
>
> 私たちは皆、彼の情熱に魅了された。なぜなら彼は真っ直ぐだったから
> 彼は彼のもち得るもの全てを私たちに分け与えた
>
> ・・・うんうん、ほんとそうですよね;;
>
>
> 今朝クリック完了してましたので明日来るさガーーール!

私も無知ですw えっと・・わかりません(爆)
載せてあった所には背景は書いていなかったんですよね・・^^;
予想するに、両方かな、と思いますが・・。
マイケルのメモリアル・サービスでクイーン・ラティファがこの詩を朗読したらしいです。
(まだ見てません・・^^;)
クリックありがとうございます~~♪
ところで、今日の日記読んでビクーリしました!ナヌーー?てか私も同じ事考えてたんでw 
まだちゃんと拝見してないので後でゆっくり見に行きますです^^

2010.02.19 13:17 | URL | 2birds #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://twobirds829.blog119.fc2.com/tb.php/76-37adc1e4

Thanks for comin' !

xx Profile xx

2Birds

Author:2Birds
管理人はロンおじではありません

※当サイトはリンクフリーです

xxThanks 4 your support!xx

応援ありがとうございます。
更新の励みになってます(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

xx Categories xx

xx MJ fans Must have! xx







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

xx For mobile xx

QRコード

xx Favorite blogs xx

Nowloading…相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。